愛媛県松山市を中心とした風景写真、手芸・ゲームほか趣味のブログ

痴漢冤罪保険の補償内容と金額は?男性も被害者だ!

 
  2018/02/21
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
四国は伊予国のシングルマザー・ゆえです。 2017年9月に路上で子猫を保護し、現在猫2匹、娘1人と一緒に暮らしています。 ドライブして行ったお店や気になった商品のレビュー・猫たちのこと・手づくりなどをネタに、思考のなかみ、勝手な意見や憶測を綴っています。

痴漢を疑われ線路に飛び降りて逃走する人が相次いだ中で、痴漢冤罪保険なるものが注目されています。
保険の中身や金額と、男性ばかりが責められる痴漢について考えてみました。

Sponsored Link

痴漢冤罪保険とは?

ジャパン少額短期保険株式会社が提供している保険です。
正式な商品名は「男を守る弁護士保険」「女を守る弁護士保険」です。

実は2015年の9月には発売されていた商品だったんですね。
あまり注目されていなかったのに、痴漢冤罪・線路逃走ニュースなどで加入者急増となったようです。

補償内容

痴漢冤罪保険という通称で間違えてしまいますが、この保険は痴漢冤罪専用の保険ではありません。

内容を確認してみると、おおまかに以下を補償するものでした。

  • 事故や過失などで他人に損害を与えてしまった場合の賠償金(最高1,000万円)
  • 同じく偶発的な事故による被害の損害賠償請求にかかる弁護士費用・法律相談費用の補償

あれ?
痴漢冤罪については補償されてないじゃない。

確認したところ、痴漢冤罪に関する内容は「契約者特約」(オマケ)でした。
ではそのオマケの内容とは。

  • 痴漢の疑いをかけられた際に弁護士にヘルプコールを出せる。(利用時間や回数制限などの条件があります)
  • 痴漢の被害に遭った際に弁護士にヘルプコールを出せる。
  • 一定範囲内で弁護士に無料で法律相談ができる(痴漢に限らず)

被害・加害、女性・男性ともに、「何かあったら躊躇せず弁護士に相談できるよ」っていうことなんですね。

知らずに冤罪を被ってしまったり、被害に遭って裁判になったりということを想定すると、法律の専門家がすぐに無料で相談に乗ってくれるというのは心強いです。

契約するならお値段は?

「男を守る弁護士保険」「女を守る弁護士保険」は、月額590円。
年契約すると年6,400円となっています。

590円×12ヶ月だと7,080円になるので、年契約をするとちょっとお得。

でも、巻き込まれる可能性を考えて年6,400円って、自分は全く悪くないのにどうなの?って思います。
「犬に噛まれたと思って…」という表現がありますが、濡れ衣被害は事故のようなものってことなんでしょうか?

う~ん納得いかんな。

痴漢被害者は女性だけ?

痴漢といえば、男性が加害者・女性が被害者というイメージが強いです。
そしてなんとなく日本では、”女性が「被害にあった」と言ってるんだから、男性が悪い”みたいな流れになりがちです。

しかし訴えられる数こそ少ないですが、男性が被害者になっているケースもあります。
男性だって、そんな恥ずかしい被害にあったら訴えにくいでしょう。
自意識過剰って思われるかもしれないしとか、いろいろ考えますよね。

で、勇気を出して訴えたところで、そんな場合は駅員や警察にあしらわれて終わるというんですから酷い。

そんな話を聞くと、直接的な被害に加えて濡れ衣被害という意味でも、男性は大いに痴漢の被害に遭っていると言えます。

濡れ衣被害

実際、痴漢と間違われたら、冤罪でも有罪にさせられてしまうというのが定説になりつつあります。

本来であれば被害者・加害者双方から、冷静に状況を聞かなければいけないところですが、現場に遭遇した人から聞こえるのは一方的に通報されて警察に連行され、そのまま有罪になるという恐ろしい話…。

電車の痴漢は満員の状態で起きることが多いので、証拠や目撃情報を確認しにくいのも問題です。

たまたま現場を見ていた人が証言してくれた、なんていうラッキーな話も聞きますが、大抵の場合は「証拠がないために有罪」になるというおかしな話になっています。

どうしたらいいのか?

理想は「満員電車に乗らない」ことだと思いますが、日本で会社員をやってるとそうもいかないですよね…。

疑われないために両手に荷物を持って手を塞ぐ、手を見える位置まで上げておくといった涙ぐましい行動をとっている男性も多いようです。

痴漢現場を発見して、被害者とアイコンタクトをとった上で加害者・被害者の間に入って壁になるという騎士道精神を持つ方も。

普 通 に 乗 る こ と は で き ん の か !?

憤りますよね。ほんとに。

もしも濡れ衣を着せられたら、とにかく連行されないうちに弁護士に連絡しましょう。
相談だけなら無料で受けてくれる弁護士事務所もあります。

保険に入らずとも、もしもの時に備えて即日法律の無料相談を受け付けてくれる窓口を探して電話番号を登録しておくと安心ですね。

参考:ベリーベスト法律事務所
※縁もゆかりもない法律事務所なんですが、冤罪事件に詳しい弁護士さんがいてそうな感じです。
※ご相談は自己責任でお願いします。

みんなが一斉に動く体質、やめたらいいのにって常々思います…。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
四国は伊予国のシングルマザー・ゆえです。 2017年9月に路上で子猫を保護し、現在猫2匹、娘1人と一緒に暮らしています。 ドライブして行ったお店や気になった商品のレビュー・猫たちのこと・手づくりなどをネタに、思考のなかみ、勝手な意見や憶測を綴っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Yuenosu , 2017 All Rights Reserved.