愛媛県松山市を中心とした風景写真、手芸・ゲームほか趣味のブログ

夏の季語「麦秋」の読み方と意味

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
四国は伊予国のシングルマザー・ゆえです。 2017年9月に路上で子猫を保護し、現在猫2匹、娘1人と一緒に暮らしています。 ドライブして行ったお店や気になった商品のレビュー・猫たちのこと・手づくりなどをネタに、思考のなかみ、勝手な意見や憶測を綴っています。

もうすぐゴールデンウィークです。
麦の穂が色づき始め、田植えの準備も始まるこの季節を表現する言葉「麦秋」って聞いた事ありますか?

Sponsored Link

「麦秋」の読み方と意味

「麦秋」は「ばくしゅう」と読みます。
二毛作の地域で麦が実る季節を指しています。

一面の麦畑。もうすぐ金色に。

実りの季節といえば「秋」。
ですが、麦にとっての「秋」は4月末~5月頃なので、季節は「夏」になります。

「秋」というと、実りのイメージと共に何となく冬の前の寂しさを感じる言葉。
でも「麦秋」は新しく伸びた新緑の色も鮮やかに、動物たちの活動も活発になりはじめる頃です。

麦を刈り取ると田植えの準備も始まり、カエルたちの声も賑やかに聞こえ始める季節ですね。

読み方いろいろ

麦秋は「ばくしゅう」の他に「むぎあき」「むぎのあき」などと読まれることがあります。

松山の俳人・正岡子規も「麦秋」「麦の秋」を季語とした俳句をいくつも詠んでいます。

燕や白壁見えて麦の秋(明治25年)

この年の秋に、子規さんは東京帝国大学を退学。12月に日本新聞社に入社しています。
どんなことを胸にこの句を詠んだのでしょう。

麦秋や百姓の子の村芝居(明治33年)

この頃には子規さんの病状はかなり悪化していたはずで、痛みに苦しみながら病床で句作をしていた頃と思います。
窓から見える風景、季節の移り変わりを詠んだ句がたくさんあります。

※解釈は子規さんの年表から想像した私のイメージなので、正確なものではありません(汗)

季語には日本の四季がふんわりとイメージできる美しい言葉がたくさんありますよね。
麦畑を見ながら一句詠んでみるのもいいですね。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
四国は伊予国のシングルマザー・ゆえです。 2017年9月に路上で子猫を保護し、現在猫2匹、娘1人と一緒に暮らしています。 ドライブして行ったお店や気になった商品のレビュー・猫たちのこと・手づくりなどをネタに、思考のなかみ、勝手な意見や憶測を綴っています。

Comment

  1. ユウコ より:

    「麦秋」小津安の有名な映画がありますよね。でも初夏の季語とは知らなんだ(笑)。映画の背景を見れば気づくはずなのに…。意外と適当に見ていることに改めて気づきました。
    ゆえさん、ありがとう! いい勉強になりました。^^

    • ゆえ より:

      ユウコさん、いつもコメントありがとうございます!
      映画のチョイスが渋いですね~!
      私は映画「麦秋」は見ていないので、どんな作品なのか興味がわいてきました。
      ありがとうございます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Yuenosu , 2018 All Rights Reserved.